出会い系のプロフィール・コメント欄・メール内容のコツ

出会い系のプロフィールを書く時のポイント

 

出会い系サイトに登録後待っている大仕事、それはプロフィールの登録作業です。
「性別や年齢、出身地は選択式で簡単だけど、フリーコメントの欄って一体何を書いたらいいの?」
そうお悩みの方に記入時のコツを少しだけ教えちゃいますね。

 

まず口調ですが、「〜です。」「〜ます。」といった所謂デスマス調が無難です。
気さくなキャラを演出したいからといってタメ口やギャル語などを主流にされている方もいますが、
大抵の男性には「頭が弱そう」「軽くて簡単にヤレそう」と思われてしまうのがオチ。
真面目な出会いを求めているのならば特に避けるべきです。
加えて男性というのは文章に隙が無さ過ぎても引いてしまうようで…
基本はデスマス調&たまに「よろしくね」や「メール待ってるね」等の話し言葉を入れるのがベストかと思われます。
鬱陶しくない程度に記号や顔文字を入れるのも女性らしい印象を与えられていいですよ。

 

次にコメント欄。
実際の利用者を見てみると、自分の性格や趣味(ハマっていること)、休日の過ごし方、職業及び連絡の取りやすい時間帯などを書かれている方が多かったです。
とにかく大切なのは「男性に対し、会話の糸口になるヒントを与えること」。
いくらプロフィール写真が素敵でもコメント欄が挨拶だけor空欄だったりすると、
男性は何を題材にしてメールを書けばいいのか分からなくなってしまいます。
あらかじめコメント欄にてあなたの生活を想像しやすいワードを並べておくと、その後の会話もスムーズに進んでいきますよ。

 

また、多くの出会い系サイトではプロフィール画面にて複数の写真をあげることができます。
もしあなたの趣味が料理やお菓子作りであるならば、作った食品の画像をあげてみるのもいいかも。
実際私が焼いたケーキをアルバムに乗せたところ、嬉しい反応が多数ありましたし…
一人暮らしの男性や家庭的な女性を好む男性には思いがけない効果がありますよ。

 

出会い系のメールでモテるコツ

 

出会い系サイトにおけるメールはとても重要なコミュニケーションツール。
文字で相手を引きつけなければ電話やデートに繋がる可能性は低くなります。
出来るだけ男性にとって好印象なメールを作り心を掴んでおきましょう。

 

それでは、どういったメールが男性にウケるのか。
まずは喜怒哀楽が分かりやすい内容のメールです。
文字だけの関係は相手の表情が見えない分淡白になりがちです。
淡々とした文章や照れ隠しで本音を言わない文章では相手に誤解を与えてしまうことも。
「あんまり押しすぎると相手が引いてしまうかも…」と考えすぎず、適度な距離で素直な自分をさらけ出しましょう。

 

次に効果的なのが相手を癒すような思いやりメール。
人は自分を労わってくれる人に心を開きますよね。
出会い系サイトに登録している男性は仕事や私生活に不満を抱きがちなので、彼を気遣うような姿を見せるが◎。
決して大げさな言葉をかける必要はありません。
寒い日が続けば体調をうかがったり、仕事が終わる頃には「お疲れさま」や「毎日頑張っているね」などの言葉をかけてあげましょう。
「料理を作って元気づけてあげたい」「マッサージをして疲れを取ってあげたい」なんて少し進んだ関係を想像させるメールを送ってみるのも良いですよ。
最近みて面白かった動画や画像、過去の笑える失敗談なんかを送ってみるのも一つの手。
あなたの気遣いが男性にも伝わり好印象を持ってくれることでしょう。
また男性は自分から弱さをみせることを躊躇う方が多いので、こちらから「愚痴とかあったらいつでも聞くからね」と伝えるのもgood。
辛い時にふと顔が浮かぶような、そんな存在になれるよう心がけてアプローチすれば自ずと好意を持ってもらえますよ。