いっぱい甘えたい人、怒られたい人どんな方でもOK!私がママになってあげる。

 

既婚女性、人妻の良さ魅力とは。マザコンの方大歓迎、たくさん甘えてください。

 

出会い系に登録する前は「独身の可愛い女の子がいっぱいいるだろうし人妻なんてあまり需要ないんだろうな…」と思っていたのですが、
登録後に届いたメールの山を見てビックリ。その考えは杞憂だったことを知りました。

 

まだまだ女性として見てもらえるのが嬉しくなってしまい頂いたメール一通一通を読み進めてみたところ、
少しだけですが男性が人妻に求めていることがわかってきた気がしました。
というのも送ってきてくれた方のメールやプロフィールの中に「癒されたい」や「甘えたい」といったワードが多いこと多いこと。
昔TVで芸能人が「男は皆いつまでたってもマザコンなのよ」と言っていたのを聞いたことがありますが、
仕事やプライベートで疲れている心を母親のような深い愛情で優しく包み込んでほしいのかもしれないですね。
女性は若いとそのフレッシュさから自分を一番に考えてしまいがちです。
ある程度年齢を重ね自分への投資が終わった頃に出てくる余裕や、
実際に男性と暮らしているうちに培われた包容力や忍耐力が人妻にとって一番の武器になるのかもしれません。
母親の役目を求められても…と微妙な気持ちになってしまう方もいるかもしれませんが、
男性に弱いところを見せられるとキュンとしてしまう女性も多いので需要と供給は満たされているのではないでしょうか。

 

不倫がばれないように気を付けていること、でも何回でもやっちゃうよ

 

夫に不倫を悟られないように気を付けていることは「いかなる時も普段のペースやスタイルを乱さない」ということです。
人は恋愛をしていると気持ちが浮かれ、いつもの自分とは違う行動をとってしまいがち。
普段はあまり携帯を見ないはずなのに彼からの連絡が気になるがあまりずっと手元においてしまったり、
今までは必ず午後五時には家にいたはずなのに彼と一緒にいたいがあまり適当な理由をつけて帰る時間を遅らせたり…
それが一度や二度であれば怪しまれることはないと思います。
しかし定期的にそういった変化をみせてしまうと、女の勘ならぬ男の勘をはたらかせてしまうことになるかも…
なので私はどんなに彼が恋しくても、不倫用のメールアカウントを確認するのは夫がいない昼間か夜寝る前のみに止めています。
また嬉しい文面のメールは保護したい衝動に駆られますが、決定的な証拠は出来るだけ残したくないのでその場で目に焼き付けて消去。
夫は自分が帰宅したときに私がいないとグチグチ詮索してくるとわかっているので、ホテルから帰るのを引き留められても泣く泣く断るようにしています。
加えて女性は服装の変化で怪しまれることも多いと聞きますので、
新調するにしても以前の自分では選ばないような柄や色のものは避けて購入するように心がけています。