オナニーは寂しいから一緒にしようよ、出会いでエッチたくさんしよ

結婚したからって幸せなんかじゃない、夫や妻に不満の方出会い系で幸せになりませんか?
ひょっとしたら同じ気持ちの方と意気投合して仲良くなれるかも。

 

出会い系で真剣な恋愛って出来るのか?出会い系は色んな人が集まる場

 

出会い系サイトという言葉を聞くと、割り切った相手を探すためだけのツールだと思われる方も少なくないでしょう。
しかし実際に出会い系サイトを利用した立場から言わせていただきますと、必ずしもそういった用途だけではありません。
確かに所謂「ヤリ目」と呼ばれる方が存在しているのは事実です。
一生懸命書いたプロフィールやメッセージを読み飛ばし、とにかく自分の性欲をぶつけてくる…
そんな姿勢に気分を害したこともありました。

 

しかし一方で今お付き合いしている彼のような相手が書く文章一つ一つを丁寧に読み解き、
優しさと包容力を持って対応してくれる方がいたことも紛れもない事実なのです。

 

オフラインの世界と同じように、決して一つでは括れない多種多様な人物が集まって成り立っているのが出会い系というコミュニティ。
そこで誰と出会い、どのような関係を進めていくのかはあなた次第です。
サービスを利用していく中で自分には合わないメッセージを受け取って、怒ったり悲しんだりしてしまうこともあるでしょう。
しかし、そこでめげることなく「自分はどういった出会いを求めているのか」という軸に沿って行動し、
相手を尊重する気持ちを忘れずにいれば、同じく真剣な恋愛を求めている方と出会える可能性に繋がるはずです。

 

既婚者で結婚しているけれど素敵な恋愛したい・夫じゃ不満、もっと愛されたい

 

結婚後も夫のことを恋愛対象として見ている女性はどれくらいいるのでしょう。
少なくとも私は昔のように熱を帯びた目で夫を見ることは無くなりました。

 

お付き合いしている時は頼りがいがあって優しさに溢れていた夫。
しかし結婚して数年もたつとプライベートの問題はすべて私任せになり、
解決したところで労いの言葉をかけてくれることも無くなりました。
夫の希望で専業主婦になったというのに最近の口癖は「専業主婦は楽してばっかりだよな」。
私を蔑ろにすることで日々のストレスを解消しているんだろうなと頭では分かっていたものの、
歪んだ顔で小言を言う姿を見続けてしまうと「昔愛した夫はいなくなってしまったんだな…」と心が冷めていきました。

 

夫を恋愛対象ではなく只の同居人とみなし、家政婦のように世話を焼く毎日。
こんな温かみのない生活を続けていると自分の考え方にも変化が現れてきます。
結婚生活に希望を持っていた頃の私なら「既婚者が夫以外の男性に目を向けるなんて!」と思っていたでしょうが、
気づけば胸の奥底に「夫では無い誰かに愛されたい、優しくされたい」という感情が芽生えていたのです。

 

その気持ちに気づいてからの行動は自分でも早かったと思います。
夫が出張でいない夜を見計らって、あらかじめ調べておいた優良出会い系サイトにアクセス。
登録作業を進め、相手募集掲示板に自分の思いのたけを投稿しました。
投稿後半日も経たない内に数十件のメッセージが送られてきたことに驚きつつも、
異性に求められているという久しぶりの感覚に胸が高まりました。
最初は複数人の方とやりとりを交わしていたのですが、
今現在はその中でも優しくて気の合う方一人だけに絞って関係を続けています。
今でも夫からは小言を言われる毎日ですが、彼が優しく言葉をかけてくれると思うと乗り切れています。